様々選べます!!看護師にとっての新たな職場とは

結婚、その後子供を生み、これまで職場と家事の全部に苦心してきたけど、そろそろ仕事場を変えないままだとナースのやり方が持ちこたえられないケースもあると思います。もうちょっとスケジュールに余裕があって、育児にも理解を持ってくれる就職先はどこにあるのかしらとか考えている方々だって大勢いると考えられます。現在たずさわっている仕事場は辞めたいと考えてるが、他の仕事に就いた出来ても看護師・準看護師でも活躍できる新しい職場が上手く見つかるのか、なんて思い悩んでいるのであれば、人材エージェントでよく調べて。技能だけでもあるならば、多岐に渡る再就職先を見つけられると期待できます。そのウェブサイトから自身が惹かれる就職先に出会える可能性は高いです。実際のところ、ナースとしての再就職先といいますと、様々なシチュエーションが想定されます。具体例を挙げると、車で巡回する健康診断で事業所あるいは教育機関に出向いたり診療機関などの開院に伴い心臓・血管センターなどに携わる仕事等なら、持っている技術を利用しあなたの才腕を出すことができると思います。

採血50人の前夜

明日は採血のフォローに行くことになっている。2時間で約50人って聞いたが、受診者は若い人ばかりだから楽勝だと思う。

幸いと言っていいのか、私が採血を担当した患者さんや受診者さんは、迷走神経反射を起こしたことがない。他のナースに聞いてみると、結構みんな体験しているよう。

でも、なぜか私はゼロ。一応、採血が苦手という人には、横になってもらったり、マニュアル通り採血中の観察項目や行っているので、予防になっているとしても7年採血し続けてゼロ。

もちろん、患者さんにとってはないに越したことはない症状だけど、なんとなく寂しい気がする。明日はどうかな。

新人の時、最初に患者さんに採血した時は緊張した。こっちが倒れそうなほどだった。しかも、怒られたのを覚えている。
結核疑いの患者さんで、80歳の男性だった。血管も細いしもろくて、指導係のT田Nsはなぜ新人の初採血にあの人を選んだのか謎である。

案の定失敗したので、その患者さんに「下手くそ!なんでお前みたいなやつが看護婦なんやー!」と怒鳴られた。私はひたすら頭を下げた。指導係も一緒に謝ってくれて、その患者さんはなんともう一回させてくれた。

ビクビクしながら穿刺。「やった!入った!!」無事採血できた。
ありがとうございました、と頭を下げた私の前で、患者さんはこちらを一瞥もせず、少し息を乱しながら(怒ったし、嫌な採血を2回もされたため)、無言で目を閉じた。

退室した後を奥様が追いかけてきた。
「申し訳ありません。病気が言わせてると思ってこらえてやってください」

もちろん、私たちも改めて謝罪した。
その後、あの患者さんは私をなぜか可愛がってくれるようになった。刺青もあるやんちゃな人だったが、注射だけは嫌で嫌で仕方がなかったらしい。

明日、久しぶりにたくさん採血を思うと、あの時のことが思い出されて懐かしくなってしまった。

今年の正月は散々だった

普段は21時消灯の病棟も、毎年恒例12/31は紅白歌合戦を見てから消灯、入院患者さんは高齢の方が多く、年末に外泊できない患者さんはこの番組を見れることをとても喜んでいます。会話をしながら、楽しいひと時を過ごし、病室に戻ります。

テレビを消して、消灯して、患者様の見回りに行き、全員病室にいることを確認したので、ナースステーションに戻る途中、ホールのテレビが急にスイッチオンになったのです。

私は、かなりの怖がりさんなので、病院の夜中であるにもかかわらず、キャー、いやいやぎゃ―という悲鳴と共に一目散にナースステーションに戻ったのです。

私の悲鳴に驚いた、一緒の夜勤ナースが、ホールに一緒に行ってくれてテレビを消しましたが、私はその日の夜勤がもう怖くて怖くて仕方なかったのですが、大丈夫接触不良だってと、さほど気にしない一緒の夜勤ナースの後を着いての夜勤となりました。

夜が明けると、気持ちはだいぶ落ち着き、検温などの業務も普通にできました。そして、1/1の朝食はもちが付くのです。

これも問題、詰まらせないか心配。

もちを詰まらせる患者さんはいなく、朝食終了。そのとき、ちょっと来て・・・ローカで倒れている。

何かを詰まらせた様子、顔面蒼白、急いでタッピング、出てきたのはもちではなく、リンゴ半分だったんです。
取れたらすぐに顔色も戻り良かったけど、散々な年末年始の夜勤だったよ~。